体験

【ペルソナ3・4・5から学ぶ】仕事・恋人・友達・SNS複数のコミュニティを持とう!

私は友達が少ないです。
学生時代に友達はいたのですが、卒業後に自分から友達を遊びに誘うタイプではなかったので縁は切れていきました。

友達が少ない人に陥りやすいのが、1人の友達に固執して依存してしまうことです。

私も以前、友達が少なすぎてたった1人の友達に依存し過ぎて関係を壊してしまったことがあります。

1人の友達に依存状態だったので世界は狭かったし、その友達が他の子と仲良くしていると嫉妬心が芽生えてしまうこともありました。

友達とは適度な距離感を保ちましょう、自分の言うとおりに動く相手なんて誰もいません。

親友という存在はいないと私は思っています。

そんなメンタル不安定の中で大学生の時にペルソナ3と4をプレイして学んだことがあります(*’ω’*)

それは複数のコミュニティを作ることです!!

1つのコミュニティに依存して孤独に陥らないためにペルソナ3~5の主人公のように学校・職場以外のコミュニティを複数持つことをおすすめします☆

色々なコミュニティで気の合う友達と広く浅く(時には深く)関係を持ちながらメンタルを安定させていくんです☆

1つのコミュニティがうまくいかなくなった時に、他のコミュニティで逃げられるようにしておくと気が楽です♪

~例~
家族・恋人・友人コミュ(友人コミュの中で3~5に分散させる)・趣味(SNS)・仕事
このように5~6のコミュニティを分散していけばどこかで何かあった時に他で発散させることが出来ます◎

※家族間での不和を友人や趣味コミュで発散
※仕事のストレスを他コミュで発散
※学校で上手くいかなかったら趣味コミュで発散

他コミュで信頼できる人がいたら相談してみるのもありです♪

困ったこと・迷ったことがあった時にそれぞれのコミュで話すと色々な視点で物事を視ることが出来ますよ。

小学校~高校生の何が辛いのかというとコミュニティが学校と家庭と2つしかないからです。
あのせまーい教室に閉じ込められて上手くいかなければ不登校にもなります。

私も高校生の時にクラスで仲良くなりたい人が1人もいなくて浮いてた時期がありますw
体育祭と文化祭は出たくなかったからズル休みしてました(‘_’)

馴染めない環境に何時間も閉じ込められるなんて罰ゲームでしかないです。
あの時に学校以外のコミュがあったら大分救われてました><

家庭と学校が上手くいかなかったら最悪です。
これは大人にも言えることで仕事と家庭が上手くいかなくなったら。。。

逃げ場がない人は子供も大人も関係なく辛いですね、、、

出来れば学生時代から学校以外の場でのコミュを広げていくのが良いんじゃないかなと思います♪

ペルソナ3~5の主人公は高校生だけど犬~小学生~ご老人まで様々な人と関わりコミュニティを作って育てていきます。

ゲームをプレイ済みの方にはご存知だと思いますが、コミュニティも最初から仲が良い!というわけではなくて1~10段階までレベルがあり、コミュニティを育てていきます★

ペルソナ3~5の主人公が超リア充に見えるのは学校外で複数のコミュを持って毎日いろんな人と関わって成長していっているからですね◎

これは現実世界でも同じことです(#^.^#)
会いたい人には自分から連絡を取っていかないとコミュは消滅してしまいます。

コミュニティと聞くと集団のように感じてしまいますが、1対1の付き合いでもそれはコミュニティですよ♪

集団が嫌なら少人数コミュを複数作ればオッケーです。

バランスよく自分から会いたい人に連絡をとり、1つのコミュに依存せずにバランスよく付き合っていくのが大事なんだな~とペルソナを通して
学びました。(笑)

この人といると心地良いな、関係保っていきたいな~という人とはコミュを育てていきましょう◎

友達は数ではなくて質です。
やみくもに合わない人と無理してコミュを育てる必要はないですよ×

他コミュにあなたを必要としている人は必ずいます。

コミュを複数持とう!とは言っていますが、何かあった時に相談できる・頼りになる人が1人でもいたら十分です(^^)/

ただ信頼できる人との関係が崩れてしまって、その人しかいないのに!!という状況になるとメンタルがやられてしまうので・・・
やはり質のいいコミュを複数持ちましょう!

複数のコミュニティを学生時代から持つことの大切さを学びたい方は是非ペルソナ3~5をプレイして下さい★☆★
※コミュがあるのは3以降です(*´з`)