仕事・資格取得

元医療事務が医療事務をおすすめしない6つの理由!〜地獄の女職場〜

2013年に大学を卒業後、就職したい業界やどんな仕事に就きたいか考えながら出した答えが。

眼科の医療事務を経験してから視能訓練士を目指すことでした。

現在は医療事務の闇を程味わい、普通の会社で働きたい!と思い転職済みです。

女性にかなり人気のある医療事務の仕事について。

おすすめしない方向でこのブログ記事は進んでいきます!

おすすめしない理由① 女性9割の職場の恐ろしさ

医療事務は先生以外が女性です。

めんどくさいお局様が1人は発生します、お局様は絶対に辞めないので周りの先がある若い人ほど職場が嫌になって辞めていきます。

お局様は先生のご機嫌を取るのに必死で自分のポジションを取られないように他の従業員の悪口を(あることないこと)先生に吹込んでいました。。。
先生もまともな人ではなかったのでお局様の言うことを真に受けて従業員に当たり散らしていました。

キツい人は辞めずまともな人は見切りをつけて転職していく職場でした。

おすすめしない理由② 先生が正義(悪い意味でも)

私の務めていた眼科は先生が女性でした。

更年期障害が酷い人で家庭で嫌なことがあると職場に持ち込みまるで台風のような人でした。
家計管理が出来ない人なので経営管理なんてとてもじゃないけど出来ません、開業には向いていない先生でした。

退職を決意したのは先生が患者さんに対して怒鳴り散らしたからです。

開業医だと先生がキングまたはクイーンなので、この職場おかしい!!と思っても絶対服従です。

おすすめしない理由③ 医療事務に看護師、視能訓練士の代わりをさせる。

働いていた眼科には最初医療事務しかいませんでした。
なので検査(眼圧、視力、視野、OCT)と手術介助に滅菌などと

看護師、視能訓練士がやる仕事を全て医療事務がやっていました。

先生からは事務なのに患者さんを安心させるために看護師さんと呼ばれてました。
受付して検査して診察介助もして会計もして。。。

ほんとハードでした。汗
後述しますが、無資格者に今まで業務をやらせてきたので有資格者との対立も発生します。

おすすめしない理由④ 有資格者と無資格者の対立

視能訓練士(ORT)の資格を持っている新人さんと資格を持っていないが長く働いている眼科の検査員(OMA)さんの軋轢が酷かったです。

先生に気に入られていたのは無資格のベテランさん。
新人の視能訓練士は先生に嫌われて試用期間でクビになりました。

新人の視能訓練士を辞めさせるために先生に頼まれて新人さんのトイレに行っている時間を記録させられました。

憧れていた視能訓練士になりたくない!とこの時思いましたが、視能訓練士の仕事に興味があって挑戦したかったので医療事務の仕事を選んだことを今は後悔してません。

視能訓練士の人にも問題がありました。(無資格者の人に対して俺は資格を持っているんだ!と下に見ていた)

医療業界は狭く、先生同士で繋がっていることがあります、特に眼科は数が少ないので余計先生同士で情報が回っています。

転職するときに、前の職場ではどんな人だったのか医師同士探られていたので辞めるときはできるだけ穏やかに辞めましょう(‘_’)

おすすめしない理由⑤ 劣悪な賃金と社会保障

正社員で募集をかけたのに、実際は時給900円で看護師と視能訓練士の仕事をさせる超ブラック求人でした。

さらに交通費も満額出ませんでした。笑
面接の時にこれらの説明がなく時給900円で交通費毎月5千円マイナスで年収180万でした(大卒)

衝撃的なのがボーナスです、5千円の売れない化粧品でした!笑

開業医だと厚生年金未加入です。(4人までなら未加入でもいい)
コストが掛かるため厚生年金に入れてくれません、国民年金に自分で加入する為

医療事務の老後は月6万5千円で生きていくことになります。現役時代の年収も250万いけば良い方でしょう。

せっかくフルタイムで働くのなら、厚生年金に加入する職場が絶対に良いです◎
大げさかもしれないですが医療事務の仕事についてしまうと貧困が確定します。

おすすめしない理由⑥ AIの導入により消えていく仕事

今は医療事務がレセプトチェックし会計・受付とやってますが、AIが導入されたら。
診察が終わった時点で自動的に会計までの流れができるのは予想されます。レセプトもAIが全て管理するでしょう。

長い目でみて医療事務の仕事は必要なくなります。
大きな病院ほどAI化は進み、良い待遇の病院ほど求人は消えて行きます。

人間関係も待遇も年収も悪く、AI導入によって消えていく仕事だと思います。
若い人ほど将来性がないのでおすすめ出来ないです。

※AIを導入する力のない小さな開業医は何でもやる医療事務が必要かもしれません。

それでも医療事務が気になるなら

開業医の小さなところではなくて大きな病院で働くことをおすすめします。
せめて厚生年金に加入している場所を選びましょう!

大きな病院は人件費削減の為医療事務はほとんど派遣を使っています。

派遣はいつでも切られてしまう可能性があるし、医療事務はなりたい人が多いので賃金は安いです。

医療に携わりたいなら医療関係の言語聴覚士・作業療法士・理学療法士・歯科衛生士・視能訓練士などの仕事の資格を取りに行く(一番つぶしが効くのは看護士)のがいいと思います。

歯科衛生士と視能訓練士はいまだに無資格者の方が代わりに仕事をしていることがあるので色々と軋轢がありそうです(+_+)

国の制度で専門実践教育訓練給付の制度が作られ、学費の7割が最大支給されるので気になる方はチェックしてみて下さい!

在職中でも使用することが出来るので、現在眼科助手・歯科助手している方で視能訓練士・歯科衛生士の資格を取るのに学費の3割を払うだけで取れてしまいます!

眼科はその後どうなったか?

9か月務めたブラック眼科はその後、毎月人が辞めるようになり(お局のみ変わらない)
あまりに人が定着しない為医療事務の時給を1000円に上げましたが

それでも人が辞めていくのが止まらず、毎月求人が出ています。

いつも出ている求人はブラックが多いのでお気をつけて下さいね!