書籍レビュー

【 すっぴんクオリティを上げる★さわらない美容・簡単まとめレビュー】何もしない最強のスキンケア!

こんにちは、あいたぬです(^^)/

今回は「すっぴんクオリティを上げる・さわらない美容」の簡単まとめレビューをしていきます♪

こちらの著書は10年以上外科手術を行われてきた外科医さんの出された美容本です(‘ω’)

先生が形成外科の領域の一つとして美容に携わるようになってから、多くの人が間違ったスキンケアをしていることに気づきこちらの本を書かれたそうです。。。

絶対やってはダメ!!!と先生が思われるようなスキンケアが世間では「良いもの」として受け入れられみんながやっているそうです。。。><

私はズボラ・めんどくさいのが嫌!!!で世間で当たり前とされるスキンケア(化粧水・乳液・美容液などなど。。。)をずっと行ってきませんでした。

【※現在は保湿と日焼け止めと石鹸落ちメイクのみ】

ですが、スキンケアをばっちり行っている友人よりも肌が綺麗で羨ましがられることもあります。

その時に気づいたのが、「あれ?お肌に基本的に何もしない方がよくない??」ということです。

著書によると自分史上最高の美しいお肌を達成する正道の美容法はいまかけている時間とお金より、実はよっぽど早いし安いし効果があるそう!

それでは早速簡単まとめレビューをしていきます!

著書の構成は第1章~第4章で構成されています(*’▽’)

著書の構成

第1章:さわらない・こすらない・例外はない 美肌基礎編

第2章:ポテンシャルを120%高める美肌フレームワーク

第3章:徹底解説 NG美容法ベストセレクション

第4章:愛と勇気の美容戦士たちよ、鏡を捨てろ

第1章から気になったところを抜粋して簡単にまとめていきます。

著書が気になっている方のご参考になれば幸いです♪

第1章:さわらない・こすらない・例外はない 美肌基礎編 まとめ

第1章ではさわらない美容法の原則が書かれています。

小顔マッサージ・小顔体操・洗顔ブラシ・長時間の毎日行うフェイスパック。。。

全て美容に良さそうですが全て肌にはNGなんだそう、今すぐやめた方がいいみたいです(´;ω;`)

美容のために行っているものですが、医学の世界では「意味がない」と研究結果が出ているそうです。

科学的根拠がない美容法を売りに出しているものがほとんどで、世間が信用出来なくなっちゃいますね;;

美容は趣味だとか習慣で世間で当たり前とされているスキンケアを行うのではなくて全て科学だそう。

数字・データを集めて統計的に見た時に効果がなければ、お金をかけてやっても意味ないですよね。

世間の口コミにまどわされて実は肌にとって良いものどころか悪影響を与えるものにお金をかけるよりも、科学的に根拠のある良質な美容方法を取捨選択していった方が絶対にいいよー!!ということが第1章で書かれています★

じゃあ良質な美容方法って何なの?というとスキンケアの大原則は「さわらない・こすらない」ことだそう。

肌に触れば触るほど、ダメージを与え続けてお肌がたるみ・しみとしわが出来てしまうそうです(´;ω;`)

なにかすればするほどいい!!というわけではなくてさわらないことが大切なんですね。。。

私は小顔エステに行っていたことがあるのですが、今後はもう2度と通わないことを決意しました。汗

逆効果!!だったなんてショックです;;

第1章ではに肌のトラベル別に解説がされていました♪

シミ

お肌にたまったウンチみたいなもので治療で取り除くことが出来る【自力で消すのは難しい】
紫外線を浴びた時に作られるメラニンが沈着して出来る

肝斑

ストーカーレベルで厄介・治療でも消すのは難しいので作らないのが原則!
そのためにもお肌にはさわらないこと。摩擦が最大の原因・・・

シワ

笑う・怒る・表情で作られる
乾燥しているシワは保湿でなんとかなることも◎
むやみに顔を動かすのは止めた方がいいですね。。。。

たるみ

ほうれい線やマリオネットライン、ゴルゴ線(治療困難)
コラーゲンの劣化・骨の縮小、脂肪の減少→老化が原因

たるみ防止のマッサージ・顔ヨガは皮膚を伸ばすだけ×
自分でたるみを改善することは出来ない→いかにたるむスピードを遅らせることが出来るか?が大事。

出来ることは肌を伸ばすことを徹底的に避けること・引き上げないこと・押さないこと・紫外線を浴びないこと・煙草をすわないこと・さわらないことだそうです。。。

毛穴

毛穴の数は一生変わらない。

毛穴パックは全て逆効果、毛穴を広げてしまう。。。”(-“”-)”

防衛策はニキビをなるべく作らないことと肌のコンディションを整えることで目立ちにくくなる!

ニキビ

ホルモンバランスの乱れとストレスで皮脂が過剰分泌→アクネ菌が大暴れして炎症。

ニキビができやすいのは20代前半まで。
ホルモンバランスが安定するまで上手に付き合っていくこと。

自分でつぶす・隠すための厚化粧・脂肪や糖分が多い食生活はNG

ニキビが痕になる前に皮膚科へ!!

ニキビ痕は治療が難しい。。。改善しようとすると膨大な時間とお金がかかってしまう><

くま

目元を温めて規則正しい生活を送ること。

自分で出来ることは保湿と温めることだけ。
生まれ持ったくまは受け入れて付き合っていくしかない。

目の周りのマッサージはしないように!

むくみ

マッサージは厳禁。
結婚式や発表会など特別な日だけに・・・

自分で出来ることは食生活を見直すこと。
塩分を控えて、タンパク質を摂取してバランスのいい食事を心がけること。

第2章:ポテンシャルを120%高める美肌フレームワーク まとめ

第2章ではさわらない・こすらないスキンケアの仕方について書かれています(*’▽’)

残念ながら老化から逃れることは出来ないですが、老化のペースを遅らせることは個人の努力で可能だそうです◎

正しいスキンケアの3つの工程

①洗顔
②保湿
③日焼け止め

この3つの工程で大切なのは「触りすぎないこと」「こすりすぎないこと」なんだそう♪

洗顔

汚れを落とすためにこすりすぎるよりは、放置する方がまだマシ。

洗いすぎないことが大切。

ふき取りタイプのメイク落としは地獄への片道切符なんだそう。。。怖い。。。

洗顔するときは泡をのせるだけ。30秒で十分。

保湿

保湿はプチプラコスメで足りる。
あれこれ塗っても意味なし。

こすらずに保湿すること、ワセリンで保湿するのがコスパがいい。
お顔パックは必要なし。

日焼け止め

日焼け止めは究極のアンチエイジング!!

冬でも日焼け止めを塗ること。

日焼け止めが最強の美肌のためのコスメ!!!

必要とされる日焼け止めの量は顔全体で500円玉大(結構多い!!)
朝起きたら日焼け止めを塗る習慣をつけると◎

スキンケアを極めると、すっぴんのクォリティが上がりベースメイクの必要性がなくなる。

そうするとますます肌にさわらなくなるので、お肌の調子がさらに良くなり良い循環が出来るそうです☆彡

メイクが必要!!メイクがないとまだお肌をさらせない(´;ω;`)

という人はメイクブラシを清潔にしないと雑菌をお肌に塗りつけている状態になっているそうなのでこまめにお手入れした方がいいみたいです。汗

さらにつけまつ毛も良くないそう。

つけまつ毛をはがすときに引っ張ってしまう&本来ないはずの重りをずっとつけている=目元の皮膚のたるみに繋がるそうで。。。

つけまつ毛をつけるのは最大でも5年までにした方がいいみたいですよ( ゚Д゚)

つけまつ毛が原因でびよんびよんに皮膚が伸びたら手遅れになってしまうので、二重にしたいならさっさと埋没法を施術してもらう方がいいそうです。

第3章:徹底解説 NG美容法ベストセレクション まとめ

第3章では、世間では良い!!とされている美容方法が実は効果がなかったり逆効果になっている美容方法があると解説されています;;

・ニキビパッチ→やめたほうがいい

・スクラブ洗顔→やめたほうがいい

・シートパック→効果なし・もし使用するなら保湿をする、10枚・30枚セットを使わないこと。

・デバコス→プラシーボ効果、高いものだから効くというわけではない。

大きな肌トラブルがないのならプチプラで十分◎

・小顔マッサージ・顔の筋トレ→汚顔への近道

・肌断食→無意味なスパルタ教育・保湿はした方がいい!!

第3章はさらっとまとめたので詳しく知りたい!!という方は著書を読んでみて下さいませ><

第4章:愛と勇気の美容戦士たちよ、鏡を捨てろ まとめ

ラストの第4章では顔だけでなくボディの話もされています!

胸を大きくする為にマッサージをしても乳腺や脂肪が大きくなったり増えたりすることはないそうなので大きさは変わらないそうです。。。ガーン。。。
マッサージ後に大きく見えているのはバストが腫れているからだけだそう;;

背中からお肉を持ってくる!!とはいうけど継続しても脂肪が移動するということはないみたいです。
(ということは、お肉を持ってきて谷間を上手く作るブラのつけ方さえマスターすればいいということ?)

成長期を過ぎたら胸が育つことはないそうです。

飲むだけ、塗るだけで巨乳になれるものなんて存在しないそうなので気を付けた方がいいですね。。。

胸のケアのほかにも。。。

睡眠はゴールデンタイム(22時~2時)よりも大事なのは睡眠の質(少なくとも3時間以上は深く眠れているか)

ムダ毛処理はカミソリや除毛クリームはもってのほか!!だそう><
肌の為を思うなら医療機関での医療脱毛かエステでの脱毛を推奨。

誰もが老いにはあらがうことはできないが、上手に遅らせることは出来る(ウェルエイジング)
年齢を重ねたら、薄化粧にした方が若々しく見える(薄化粧でいられるように正しいスキンケアを!)

最後に美容だけでなくて、若さという下駄を履けなくなった時に武器になる知性や品性も育てましょう。と書かれていました。

・・・!!ためになります(´;ω;`)

まとめ

著書を読んで、多くの人が間違ったスキンケアをやりすぎているなぁ。と感じました;;

私も以前小顔コルギで痛い思いをし、お顔シェービングで顔をそるなど。。。
お金を払ってよくないことをしていました><

まさか美容のために!肌のために!と思ってやっていたことが逆効果になるなんて思ってもいませんでした(´;ω;`)

私が著書を読んで取り入れようと思ったのは

・日焼け止めを毎日ぬること!
・保湿は毎日すること!
・小顔エステにいかない
・今の自分を愛してコンプレックスを受け入れること
・自分が魅力的になるにはどんな方面を目指すか?考えること

これらの5つを取り入れていこうと思いました◎

どれだけ美容に力を入れても、内面がどろどろしていたら顔に出ますからね。。。苦笑

穏やか~に魅力的になれるように老化とうまく付き合っていこうと決意しました!!!

もうすぐ30歳になるのでウェルエイジングを頑張っていきます(*’▽’)

本当に美容に良いスキンケアの方法知りたい方、もしかしたら自分がやっていることが間違っているんじゃないか・・・?と不安に思った方は是非著書を読んでみて下さいね!

ちなみに、著書の上原先生こと、えりりん先生はYouTubeで美容系のためになる知識も発信されています♪

明るくて面白い方ですよ~!!
そして美人さんです( *´艸`)

時間のある時に全部視聴しようかな~?と思っています☆彡