少女革命ウテナ

【少女革命ウテナ】劇場版とアニメの違いまとめ【アドゥレセンス黙示録】

こんにちは、あいたぬです!

今回は少女革命ウテナの【劇場版アドゥレセンス黙示録とアニメの違い】についてまとめていきます。

映画とアニメでは設定が異なっているのでアニメから映画を見た方はびっくりしますよーー!!!

アニメも映画も大まかなストーリーは変わりませんが、映画は限られた時間内にストーリーをまとめなければいけないのでアニメを知らないとよく分からない部分があります。汗

※ネタバレしていますのでアニメと映画を未視聴の方はご注意下さい。

劇場版とアニメの違いについて

劇場版もアニメも鳳学園で繰り広げられる決闘には変化がありません。

ラスボスであり黒幕であった鳳暁生がすでに死んでいるので、決闘シーンは少なめです。

ざっくりとアニメと映画の違いをまとめてみました(ネタバレしているので要注意です!)

劇場版とアニメの違いは?

・ウテナの性格と髪型が異なる
→変わらず男装しているがアニメよりも王子様みたい
→性格は映画の方が暗め
→薔薇の刻印の指輪はディオスからではなく冬芽から貰ったもの
・ウテナと冬芽が恋人同士だった(!!)
・姫宮アンシーの外見が違う(メガネなし・髪型が長い)
・アンシーの性格も異なる
→アニメよりも明るめの性格
・世界の果て(暁生)がほとんど出てこない
→死んでしまっている
・冬芽が事故で死んでしまっている
※ヒロイン2人の王子は映画では存在していない
・ラストの展開が異なる
→ウテナは消えない
→アンシーと2人で外の世界に脱出して終わる

ウテナとアンシーのキャラ設定がアニメと映画では違いますね・・・!!!

アニメしか見ていない方、映画しか見ていない方はその違いにびっくりすると思います。

映画は尺が短いので冬芽の妹の七実や根室記念館の黒薔薇編は全く出てきません(ちょっと寂しいですね!)

アニメのラストではウテナだけが鳳学園から消えてしまい消息不明でモヤモヤしますが、劇場版だとウテナはアンシーと一緒に外の世界に脱出するので無事に2人は再会を果たすことが出来ています♪

次にキャラごとにアニメと劇場版の違いについてまとめていきますねー!

天上ウテナ

映画版のウテナは髪型がショートカットで制服もアニメと違います、より王子様っぽくなっていますよね・・・!!!

海軍のような制服でかっこいいです♪

決闘時のみ髪型が伸びてウェーブヘアになります(可愛い)

劇場版のウテナの性格がちょっと暗めなのは心の支えにしていた恋人の冬芽を事故で失ってしまったからですね。。。(目の前でですよ・・・辛すぎる)

冬芽は世界の果てから選ばれたデュエリストだったので薔薇の刻印の指輪を手にしていました。

ウテナは死んでしまった冬芽が何をしたかったのか?その姿を追いかけるために鳳学園に行き男装をし始めます。

鳳学園にいた冬芽を追いかけた先で薔薇の刻印の指輪を手に入れました。

アニメ版のウテナは両親を失ったショックで絶望していましたがディオスに救われて、ディオスから直接薔薇の刻印の指輪を受け取っていました。

ディオスに会いたい!ディオスのような王子様になりたいと思って男装していたのでアニメと映画ではウテナの王子様が異なります(これはびっくり!!)

アニメ版のウテナの方は可愛らしいけどちょっと子供っぽいところがあるかな?(中学生ですもんね!)

姫宮アンシー

アンシーは一番見た目が変化しているかも!?

劇場版では自分を縛り付けていた世界の果て(兄である暁生)の存在がありません。

なので劇場版のアンシーは妖しい雰囲気がありますが性格は明るめです。

メガネが無くなっており、ロングヘアになっています!

個人的にアンシーは劇場版の方が垢抜けている感じがして好きですね・・・!!!

アニメ版では兄に囚われて実は苦しんでいたのですが、、、劇場版では暗い面は無くなっています。

アニメでは世界の果ての言いなりになっていてやりたくないこと【陰でウテナに対する裏切り】もしていましたが、劇場版では最初から兄から解放されています・・・!!!

暁生の存在自体は無いのだけど、まだ心が囚われていて学園から抜け出すことが出来ないのが劇場版のアンシーですね。

鳳暁生

アニメでは暁生カーに乗りながら衝撃的なシーンを見せてくれていましたが、劇場版ではウテナが学園に来たときにはすでに死んでおり世界の果てを見せてくれません。

劇場版では髪型も少し異なっています。(長髪から短髪へ)

劇場版の暁生が死んでしまったのはアンシーを眠らせて怪しいことをしていたのですが【実はアンシーは今まで眠っていたフリをしただけでそれを受け入れていた】ということが分かってしまい。。。

睡眠薬を飲ませて手を出していたことが本人にバレしまったショックで「車のキーはどこだ!?(暁生カーの)」と錯乱しながら勝手に一人で窓の外にダイブをしてしまいました。

アンシーの目の前で・・・

妹に対する不貞行為を悪いとは思っていたけど止められなくて睡眠薬を使っていたのに本人には全てバレていたのがショックで自殺ですね。

アニメの方は堂々と数々の行為を行っていましたが劇場版ではコソコソと陰で行っていてアニメよりも小物感がヤバいです。

劇場版ではなんと本物の王子ではなく、実はハエだったことが判明します(!?)

元々はハエだったから小物なのかな・・・?(ハエに失礼かもしれないけど)

劇場版ではほとんど登場してこず、アンシーとウテナが鳳学園から脱出を試みる時に暁生は亡霊としてまとわりついてきます。

アニメ版では数々の女性に手を出して100人の少年達を抹殺し最終的にウテナにも手を出してしまうなど暁生カーに乗りながらやりたい放題していましたが、、劇場版では存在感がほぼありませんね。

鳳暁生は昔はディオスという王子様でしたがアニメも劇場版も王子様とは程遠い存在ですねぇ・・・

桐生冬芽

冬芽もアニメとは全然違いますね・・・!!!

劇場版とアニメの見た目は変わらず性格も変わらなさそうに見えますが、ウテナへの想いや生まれてきた境遇が不遇です。。。

死んでしまっていたのが凄く残念でウテナと幸せになって欲しかった(;_;)

劇場版の冬芽は養子で義理の父親から虐待を受けているような描写がありました、養子になった後にウテナと出会ったのか(?)付き合うようになりました。

※冬芽が長髪なのは義父の好みだから。

ウテナが両親を失う前からの知り合いみたいなので、ウテナの幼馴染ですね。

ウテナとデートしている時に目の前で子供が溺れているのを目撃してしまい、ウテナは助けに行ったら冬芽が死んじゃう!!と止めに入りますがその静止を振り切って冬芽は溺れている子供を助けにいってしまいます・・・

両親を失った後も冬芽が側にいてくれる!!とウテナは信じていましたが冬芽は目の前から居なくなってしまいます。

アンシーが目の前で兄を失ったのと同じようにウテナも冬芽を目の前で失ってしまいました。

養子として引き取られているので妹の七実は存在せず、虐待されていたし子供を助けるために愛するウテナを置いて溺れ死んでしまうなんて不憫過ぎます。(悲劇の王子様ですね・・・)

アニメの冬芽はすぐに上半身がさらけ出すギャグキャラとして扱われているようなところもありますが劇場版ではウテナの立派な王子様として描かれています。

その他キャラ

その他のキャラの違いですが、七実とチュチュはほとんど登場してきません。(映像作品として数分だけ登場)

冬芽以外の生徒会メンバーは設定がほとんど変わらず登場してきますよー!!

西園寺と冬芽の幼馴染の絡みが無いのがちょっと残念ですね。

劇場版ではギャグ要素がほとんどありません。

悪女の枝織ちゃんはアニメとは違い最初から悪女で樹璃の気持ちを利用して操っていました。汗

劇場版では最初から突き抜けているので枝織ちゃんに注目するのも面白いですよ♪(枝織だけには幽霊の冬芽が見えていたんですよね〜、なぜなのか気になります)

影絵少女達はアニメでは演劇部でしたが劇場版では放送部員としてウテナ達を実況中継してくれます。

劇場版では王子様が存在しない世界線

アニメではディオスが王子様として存在していましたが、劇場版ではディオス本人(暁生)がお亡くなりになっているので王子様が存在しない世界線になっています!!

ウテナは恋人を失って性格が暗めだけど、姫宮アンシーは王子様の兄を失って縛りが無いので性格が明るめですね。

少女革命ウテナが伝えたいことは少女達の理想としている王子様像からの解放と自立だと思っているので、、、尺が限られている劇場版では最初から王子様の存在を消してストーリーを分かりやすくしたんだと思っています。

漫画との違いについて

漫画はアニメよりに作られていますが、それでもアニメと違うところは沢山ありますよーーー!!!

ちゃおで連載されていたので少女向けになっているのとアニメは39話もありますが漫画の巻数は5巻までしかないのでストーリーが短めで黒薔薇編に入る前までに完結するように綺麗にまとめられています。

暁生がそこまで暴れておらず、ディオスとアンシーについて漫画の方が分かりやすいかな?と思います。

漫画版はアニメのようにアンシーが裏切る描写が少なくウテナに対して感情を示してくれるので可愛らしいです♪(アニメはちょっとドロドロしてますもんね)

漫画の違いが気になる方は合わせてこちらの記事も参考にどうぞ!

【少女革命ウテナ】アニメと漫画原作の違いを解説【ネタバレあり】こんにちは、あいたぬです! 今回は少女革命ウテナの【アニメと漫画版の違い】についてまとめていきます。 アニメしか知らない・漫...

なぜストーリーが異なるの?

少女革命ウテナはアニメと劇場版と漫画で全て設定やストーリーが異なっています(!!)

ここまで設定やストーリーが異なっているのは珍しいんじゃないかな・・・???

ストーリーや設定が異なっている理由ですが、視聴者の層やストーリーの長さがアニメや漫画ではそれぞれ違っていたからだと思っています。

ストーリーが異なるのはなぜ?

★漫画→ちゃおで連載されていた為読者は少女
少女達が読みやすいようにアンシーがそこまでダークではなくウテナがかっこいい!
限られた話数で完結させるために黒薔薇編前で終わる
★アニメ→大人も見るし話数も多いので監督達が冒険できた
独特の世界観を演出(大人もアニメを見るので難しくてもOK)
ダークなところも多い
★劇場版→限られた尺でストーリーをまとめないといけない
少女たちの理想の王子様からの解放を伝えたかったので最初から王子がいない設定に!
アニメを見ている人が多いので説明は少なめ

まとめ

こちらの記事にて劇場版とアニメの違いについて簡単にまとめさせて頂きました!

まとめ

・劇場版は最初から王子がいない
→目の前で王子様を失うウテナとアンシー
・ラスボスの暁生が割と空気
・冬芽が凄くかっこいい(王子様である)
→アニメとは全然違う
・ウテナが最後に消えません
→アンシーと2人で外の世界に脱出する

少しでも参考になれば幸いです★

私は【漫画→アニメ→劇場版】の順番で少女革命ウテナを楽しみましたよーー!!!

個人的にこの順番で楽しめて良かったです(アニメから入るとストーリーが短い漫画が物足りなくなりそうだし最初から劇場版を見たらストーリーが分からなくなるから)

少女革命ウテナのアニメしか見たことが無い方は是非漫画版と劇場版もどうぞっ!!

それぞれの良さがありますよ♪

※20年後のウテナの世界を表現した漫画が続編として発売されていますよー!(主役は主に生徒会メンバー)

紙面は中古が多いのでウテナを読むならお得なクーポンを利用して電子書籍でまとめ買いがおすすめです◎

DMMブックスで少女革命ウテナをまとめ買いすると初回なら70%引きになります★

電子書籍を初めて利用する!!という方は7割引になるのでお得なクーポンを利用して読破されてみて下さいね♪

ウテナの漫画を読んだことが無い方は電子書籍で大人買いがおすすめです!

アニメと劇場版を知らない&うろ覚えという方はVODで配信されているので久々にウテナの世界に入り込んでみて下さいね◎

まだ利用したことがないVODを使うと無料お試し期間内であれば無料で少女革命ウテナを視聴することが可能ですよ♪



無料期間内に視聴すれば料金は発生しないので久々に少女革命ウテナを見たい・・・!!!という方は振り返ってみて下さいね★

※大人になってから視聴すると感想が変化するかも?