少女革命ウテナ

【少女革命ウテナ考察】悪女の高槻枝織を徹底解説【樹璃との関係は?】

こんにちは、あいたぬです!

今回は少女革命ウテナの中に出てくる高槻枝織ちゃん(有栖川樹璃の幼なじみ)についてまとめていきます。

私は少女革命ウテナの中で枝織ちゃんが一番苦手かも。汗

少女革命ウテナの中で一番性格が悪いと思っていますが(枝織ちゃん好きな方すみません)人間らしくて可愛いので憎みきれないですね・・・!!!

※友達には絶対にしたくないタイプの女の子です。苦笑

有栖川樹璃との関係性について

枝織ちゃんは樹璃先輩の幼なじみであり想い人です。

見た目は可愛らしく、守ってあげたい感じが出ているので樹璃先輩は枝織ちゃんの可愛らしさに惚れてしまったのかな?

外見は可愛らしいのですが、実は内面は真っ黒で自分に自信がなくコンプレックスの塊のようなドロドロした女の子です。汗

枝織ちゃんは樹璃の気持ちに気付くまでは樹璃に対してコンプレックスがあり、樹璃の前では猫を被っていました。

「奇跡を信じて、想いは届くと・・・」と言って奇跡を信じているような純粋な女の子だったみたいですね。(多分!)

樹璃は中学時代は可愛らしい枝織ちゃんをいつも守ってあげていたようです。

樹璃に勝てないコンプレックス

かっこよくて強い樹璃から守られるほど、実は枝織ちゃんは【いつも樹璃に下に見られている】とコンプレックスを膨らませていました。

樹璃への嫉妬

・フェンシングの才能
・綺麗
・皆からの人望が厚いから
→全て羨ましく憎らしい

自分に自信がない

・地味で取り柄がない(樹璃のようになれない)
・負け犬である
・こんな自分になぜ樹璃は優しくするのか?
→下に見ているからだと誤解

樹璃からしたら優しくするのは愛情だったのですが、枝織ちゃんはまさか自分のことが好きだとは思ってはいないので常に馬鹿にされていると屈折した想いを抱いていました。

中学時代は幼なじみの樹璃ともうひとり男の子と3人で常に一緒にいたみたいですが、、、

幼なじみの男の子が樹璃に恋をしていると知っていた枝織ちゃんは彼のことは別に好きではなかったけど女として樹璃に勝ちたいという気持ち【人として勝てないので】があり、嘘をついて男の子と付き合い始めます。

樹璃は枝織ちゃんに失恋をしてしまい、3人の仲は結局壊れてしまいますが・・・

枝織ちゃんは彼のことが好きではなく樹璃に勝ちたかっただけなので付き合っても自分が惨めになり虚しくなって別れてしまいます。

樹璃の気持ちに気づいた後の変化について

黒薔薇編では御影先輩が置いたペンダントを発見し、樹璃が自分のことを好きだったことに気づいてしまいます。

枝織ちゃんはずっとコンプレックスを抱いていましたが、、、あの樹璃が自分のことを想っていたということは【自分は樹璃に勝っている】と思うようになり黒い自信が出てきます。

樹璃からの想いが嬉しい・ありがとうといった気持ちは全く無く、【自分は樹璃に勝っているんだ!!】という気持ちしかありません・・・

なので樹璃先輩の気持ちに気づいた後は自分の方が上だから樹璃にもう取り入ろうとしなくても良いので態度がガラッと変わってしまいます。

黒薔薇編の後は人が変わったように自信に満ち溢れ明るくなり友達に囲まれるようになりました。(アンシーから見ると全く変わっていないとのことなのでこれが本来の枝織だった。)

瑠果に嘘をついて付き合い始めてメンヘラ化

黒い自信に満ち溢れた枝織のその後ですが、、、フェンシング部に突然現れた元部長である瑠果に恋をしてしまいます。

ロッカーに忍び込み瑠果のロッカーを探ろうとしていたところ(?)で瑠果本人と鉢合わせをし、【毎日剣を磨いていた】と嘘をつき瑠果と付き合うようになります。

瑠果との交際を心配して忠告をした樹璃に対して「あなた最低ですね。」と面と向かって言うのが腹黒いというかストレートというか・・・樹璃が自分のことを想っていることを知っていてこの発言するのが怖すぎます。汗

ウテナとの決闘に敗れた後、瑠果には結局振られてしまいメンヘラ化します。

学校内で瑠果に「あなたしかいないの!!」と泣いてすがって修羅場を繰り広げ、学校に来ることが出来なくなり・・・寮に引きこもるようになってしまいました。

修羅場の後も寮から瑠果に電話攻撃をしていましたね(怖い)

引きこもる枝織に対して心配して顔を見に来た樹璃に対して「あなたも私を笑いに来たの?ますます最低だわ!!」と睨んで暴言を吐きます(怖すぎ)

元々はコンプレックスの塊で自分に自信がない枝織なのでメンヘラ化したのは納得です。汗

なぜ樹璃は枝織ちゃんが好きなの?

樹璃がなぜ性格の悪い枝織ちゃんが好きなのか分からないですよね。

ただ2人は小さい頃からの知り合いで幼なじみなので、幼い頃の枝織ちゃんは【奇跡を信じている普通の女の子】だったんだと思います。

見た目も可愛らしく奇跡をずっと信じているお姫様のような枝織ちゃんに惹かれていったんじゃないかな?と思います。

お姫様のような枝織ちゃんを守って振り向いてもらう為に樹里はフェンシングの腕を磨いて外見も磨き枝織ちゃんの王子様になろうとしていたんだと思います。

ところが枝織ちゃんの為に行っていたこと【王子のように優しくする・フェンシングを磨く・外見を磨く】全てが彼女のコンプレックスを刺激することにしかなりませんでした・・・

異性だったら枝織ちゃんのコンプレックスは刺激しなかったと思いますが同性なので余計に幼い頃から比べてしまったんでしょうね(;_;)

まさか樹璃が自分のことを好きだなんて思わないだろうし、、、彼女の気持ちに気づいたときにはコンプレックスが膨らみすぎて歪んだ自信に繋がってしまいました。

漫画との違いについて

漫画本編には枝織ちゃんは登場してきません(!!)

樹璃先輩は枝織ちゃんではなく、冬芽のことが好きな設定になっています。

ウテナの続編の漫画にはアニメとは違う設定で枝織ちゃんが登場してきますよー!

紙面は中古が多いのでウテナを読むならお得なクーポンを利用して電子書籍でまとめ買いがおすすめです◎

DMMブックスで少女革命ウテナをまとめ買いすると初回なら70%引きになります★

電子書籍を初めて利用する!!という方は7割引になるのでお得なクーポンを利用して読破されてみて下さいね♪

20年後の世界ではプロのフェンシング選手になった樹璃のマネージャーとして枝織ちゃんは登場してきます(友達という設定は変わらず)

アニメとは設定はかなり異なっており、漫画の枝織ちゃんは悪女ではありません。

清らかな(!?)樹璃と枝織ちゃんの友情が見たい方は漫画版の方も読んでみて下さいね◎

※続編では土谷瑠果も出てきます。

まとめ

こちらの記事にて少女革命ウテナの中で一番の悪女(!?)とされる枝織ちゃんについてまとめさせて頂きました。

まとめ

・枝織ちゃんは樹璃の幼なじみ
・完璧な女性である樹璃にずっとコンプレックスを抱いていた
・樹璃の優しさが辛かった
・樹璃に勝つために好きでもない男の子と付き合うように
→虚しくなり別れてしまう
・樹璃の気持ちを知りコンプレックスが自信に変わる
→ずっと樹璃に負けていると思っていたが勝っていた!!
・嘘をついて男を振り向かせようとする性格の悪さ・・
・コンプレックスで歪む前は純粋だった?
→昔は奇跡を信じていた少女だった
・本当は自分に自信が無く負け犬だと思っている
→地味で取り柄のない女の子だと思い込み

少しでも楽しんで頂けたら幸いです♪

少女革命ウテナのアニメ版はVODで配信されています。

まだ利用したことがないVODを使うと無料お試し期間内であれば無料で少女革命ウテナを視聴することが可能ですよ♪



無料期間内に視聴すれば料金は発生しないので久々に少女革命ウテナを見たい・・・!!!という方は振り返ってみて下さいね★

※大人になってから視聴すると感想が変化するかも?