少女革命ウテナ

【少女革命ウテナアドゥレセンス黙示録感想】衝撃のラストにびっくり【ネタバレ注意】

こんにちは、あいたぬです!

今回は劇場版の少女革命ウテナ【アドゥレセンス黙示録の感想】をまとめていきます。

私は漫画からウテナの世界に入りアニメを視聴して最後に劇場版を見ました・・・!!!

劇場版はラストシーンに向かう後半で衝撃展開が多かったのですが、ウテナとアンシーの結びつきが強く一番ドキドキしちゃいましたね♪

※劇場版のタバレ満載なので未視聴の方はご注意を。

劇場版少女革命ウテナの感想

王子様が最初からいないのにびっくり

少女革命ウテナの劇場版では王子様が最初からいない設定になっていたのに驚きました。

特に一番驚いたのが暁生の正体がじつはただのハエだったことですね・・・!!!

他にも色々な動物がいるのになぜアンシーはハエを王子様にしたのかが不思議です。汗

チュチュみたいにもうちょっと可愛らしい動物を王子様にすればよかったのにと思ってしまうけど暁生は最低なのでハエで良かったというかしっくり来てしまいましたね(暁生好きな人すみません)

睡眠薬を飲ませないとアンシーに手を出せないし暁生カーのキーが無いから運転も出来ないダメダメな暁生だったけど、正体がハエだから小物でも仕方がないですよねぇ・・・

ウテナの王子様はディオスではなくて冬芽になっていましたが、アニメとは違いウテナに一途な冬芽が凄く好きになりました◎

枝織ちゃんと怪しくイチャイチャしていたシーンがあったけど幽霊になった後だし本当に枝織ちゃんと触れ合っていたのかは分からないからあれはノーカウントかな。(ウテナが知ったら傷ついてしまうよ・・・)

辛い環境で育ってきたけど最後までかっこいい冬芽は魅力的でしたね♪(幸せになって欲しかった・・・!!!)

登場人物の背景が辛すぎないですか?(泣)

劇場版の少女革命ウテナは登場してくるキャラ達の背景が辛すぎる気がします( ;∀;)

アンシーは100万本の剣をこの身に受けていないのでアニメよりは解放されており明るい性格になっているのですが、目の前で兄に睡眠薬を飲まされて好き放題されて挙句の果てに胸を刺されて目の前で自殺されるなんてしんどすぎる。

死体も薔薇の園の下に隠したんですよね〜・・・、明るそうに見えるけど闇が深い。

暁生もディオスとして活躍していたけど全てアンシーの力で操られていただけで正体はハエだったなんて可哀想かも、ただのハエなのにアンシーにお兄様は王子様だから・・・と言われる度に傷ついてきたのかも?

辛すぎる環境

・冬芽→養子で義父から虐待/父親の好みで長髪に/水難事故で死亡
・ウテナ→両親死亡/目の前で彼氏が死亡
・アンシー→兄に刺されてしまい目の前で失う
・暁生→実はハエ
・枝織→自分の婚約者が樹璃を庇い水難事故で死亡
・樹璃→枝織に操られる/枝織の婚約者に助けられる

枝織ちゃんは自分が好きだった人が実は樹璃のことが好きだったんですよね。

樹璃が溺れてしまった時に助けにいって水難事故で好きな人が死亡してしまいます、樹璃のせいではないんだけど樹璃のために好きな人が死んでしまうなんて性格は歪みますよね〜・・・

枝織が自ら樹璃は私のことが好きだと噂を流したので、学園内に樹璃先輩が百合だということがバレています。

周囲に知られているのもあって気持ちを無理に隠そうとしない樹璃先輩は劇場版の方が吹っ切れているのかも?

枝織からは恨まれていて利用されてしまうけど・・・利用されていることを知っていても嫌いになれないから困っているという感じですね、人の心は難しいです・・・

ちなみに漫画の続編では樹璃を助けて死んでしまった枝織の婚約者は瑠果先輩として設定されていることが判明しますよー♪

劇場版の樹璃・枝織・瑠果の関係をさらに詳しく知りたい方は漫画版を読んでみるのがおすすめです♪

ウテナとアンシーの関係にドキドキ!

ウテナとアンシーの関係が一番近いのは劇場版じゃないかな・・・!?と漫画アニメ劇場版を視聴して思いました。

ウテナが西園寺との決闘に勝ってアンシーがウテナの部屋に来た時にウテナの体を見て【細いのね・・・】と腰を触るシーンの色気がすごかった。

何でそこでキスするの!?というシーンで2人は自然とキスをするのでドキドキします。

冬芽が居なくなってしまい傷ついてたウテナの心を解放するアンシーとのダンスシーンは綺麗でしたね♪(語彙力がない)

漫画とアニメのラストではアンシーとウテナは一緒にいることが出来ませんでしたが、このダンスシーンで2人は別の世界線で再会出来たのかな?と思っちゃいました◎

ダンスシーンの時に流れている時の曲は奥井雅美さんの【時に愛は】ですね。

疲れてしまった時に聞くとウテナみたいに癒やされますね・・・(気になる方はYouTubeでフル視聴できますよー!)

衝撃過ぎるラストに理解が追いつかない!

ラストシーンに近づくにつれて何でもアリな演出になってきて正直1回目に映画を見たときは意味不明でした。汗

だって王子様になったウテナがアンシーを外の世界に逃がすためになぜか車に変身するんですもん。

暁生カーはまだ何となく分かるけど、ウテナが車になるなんてどうゆうこと!?

気高い心を持っていれば車になれちゃうなんて凄い。

視聴者の頭がついていかないままアンシーはウテナカーに乗りカーチェイスをし始めます。

ウテナだけでなくてあの枝織も若葉も車に変身しているので訳が分かりません、最後には死んだはずの暁生がアンシーを引き止めに来るし何でもありです。

ウテナが車になりアンシーが運転して外の世界に脱出する衝撃展開に理解が出来ませんでしたが、2回目を視聴した時に何となく伝えたいことは理解できました。

衝撃のラスト

・ウテナが車に変身してウテナカーになる
・アンシーが運転手になって鳳学園から脱出する
・天空の城が車になって襲ってくる
・最後は暁生に止められるが無事に外の世界へ脱出成功!
・脱出した2人は抱き合ってキスをしてラストを迎える
・2人の脱出後に鳳学園は廃墟になり学園内の生徒はわら人形に変わる

いやこれ劇場版を映画館で視聴された方はウテナが車になるシーンから【ポカーン】としたままラストを迎えたんじゃないですかね!?

劇場版の少女革命ウテナを1回で理解できる人いるのかな・・・!?

この衝撃過ぎるラストについて別記事にて考察しているので宜しければこちらの記事も参考にどうぞー!!

【少女革命ウテナアドゥレセンス黙示録考察】外の世界とウテナカーがよく分からない。こんにちは、あいたぬです! 今回は少女革命ウテナの劇場版【アドゥレセンス黙示録】の考察をしていきます。 映画のウテナを見てい...

まとめ:劇場版は分かりやすいけど分かりにくい!

劇場版は監督達が好き放題に楽しんで演出していて(ウテナが車になる!?辺りから)意味不明じゃん・・・となりそうですが実は伝えたいことはシンプルで分かりやすくなっているな〜と思いました。

まとめ

・後半は何でもアリの展開でついてけない
・2回見ると何となく分かる(何となく・・)
・登場人物の環境が辛すぎる
・ウテナとアンシーの結びつきが一番強いかも?
→ダンスシーンが魅力的!
→傷ついたウテナをアンシーが癒やす(アニメと漫画では無かった)
・暁生が実はハエで納得
・冬芽が本物の王子様だった(映画で惚れ直す)

ウテナが車になってアンシーがカーチェイスし始めるなんて発想が凄すぎます。

少女革命ウテナは漫画とアニメと劇場版それぞれありますが、世界観が独特過ぎて語り尽くせないですね(この世界観をどうやって語って良いのか分からない)

私がウテナを知ったのは水星の魔女からでしたが、少女革命ウテナを知ることがなく人生が終わらなくてよかったーーー!!!と思ってます♪

少女革命ウテナの劇場版しか見たことが無い方は是非漫画版とアニメ版もどうぞっ!!

それぞれの良さがありますよ♪

※20年後のウテナの世界を表現した漫画が続編として発売されていますよー!(主役は主に生徒会メンバーで映画版の樹璃先輩の環境が分かります)

紙面は中古が多いのでウテナを読むならお得なクーポンを利用して電子書籍でまとめ買いがおすすめです◎

DMMブックスで少女革命ウテナをまとめ買いすると初回なら70%引きになります★

電子書籍を初めて利用する!!という方は7割引になるのでお得なクーポンを利用して読破されてみて下さいね♪

ウテナの漫画を読んだことが無い方は電子書籍で大人買いがおすすめです!

アニメと劇場版を知らない&うろ覚えという方はVODで配信されているので久々にウテナの世界に入り込んでみて下さいね◎

まだ利用したことがないVODを使うと無料お試し期間内であれば無料で少女革命ウテナを視聴することが可能ですよ♪



無料期間内に視聴すれば料金は発生しないので久々に少女革命ウテナを見たい・・・!!!という方は振り返ってみて下さいね★

※大人になってから視聴すると感想が変化するかも?

劇場版は1回見ただけでは後半のカーチェイスにポカーンとして終わってしまうので2回目3回目と視聴して新たな発見をされてみて下さいね◎