少女革命ウテナ

【少女革命ウテナアドゥレセンス黙示録考察】外の世界とウテナカーがよく分からない。

こんにちは、あいたぬです!

今回は少女革命ウテナの劇場版【アドゥレセンス黙示録】の考察をしていきます。

映画のウテナを見ていたけど今いちよく分からなかったよ・・・!!!という方はこちらの記事を参考にどうぞ♪

※劇場版のネタバレ満載ですのでこれから視聴するという方はお気をつけて下さいませ。

アドゥレセンス黙示録の設定を分かりやすく解説!

少女革命ウテナのアニメと漫画を見たことも読んだこともない・・・という方がいきなり映画からチャレンジされると結構意味が分からないんじゃないかなー?と思います。汗

アニメを視聴している方向けに劇場版は作られているので細かい設定を教えてくれません。

分かりやすく劇場版に出てくる設定について解説していきますね!

決闘を行う理由について

鳳学園で薔薇の花嫁であるアンシーを巡ってデュエリスト同士で決闘が行われている理由は、永遠の王子様の力が手に入るからです(表向きは)

薔薇の刻印の指輪を所持していれば決闘への参加資格がありますが、黒幕である世界の果て(暁生)に選ばれなければ指輪は貰えません。

※冬芽を含む生徒会メンバーは暁生から選ばれて皆指輪を持っています。

暁生が生徒会メンバーに決闘をさせていた理由は、アンシーの魔女の力を使って王子の力を取り戻したかったからです。

残念ながらウテナが編入してきて暁生の野望は砕かれてしまいます。(ウテナたちは鳳学園が王子の為に作られた世界だと気づいてしまった)

暁生の正体について

暁生は姫宮アンシーの兄であり、元王子様です。

民衆を救うために活躍していましたが無理をし過ぎてしまい妹のアンシーに城の中に閉じ込められてしまいます。

怒った民衆たちは城に押し掛けますがアンシーは王子様を城に封印してしまいました、怒り狂った人間たちはアンシーを「魔女!!」と呼びます。

実は暁生は人間でも神でもなくアンシーの魔力によってハエが王子様に変身していただけだったことが回想で判明します(!?)

なので暁生の真の正体はハエです、姫宮アンシーの理想とする王子様に魔力によって変えられていただけですね・・・

正体はただのハエなので暁生は劇場版では存在感がありません、アニメで得意としていた暁生カーにも乗れず妹のアンシーに睡眠薬を入れることでしか服従させることが出来ず小物感が満載です。

こう考えるとアンシーが魔力で作り出していただけで最初から王子様なんていなかったのかも?

薔薇の花嫁の姫宮アンシーについて

姫宮アンシーは普通の人間ではなく特別な魔力を持っている魔女です。

暁生に胸を刺されてしまっても死んでいないので普通の人間ではないですよね・・・

※漫画では神々のような存在として描かれていました。

暁生に睡眠薬を飲まされていかがわしいことをされても【お兄様は王子様だから何でも許される】と服従していました(ハエ本人は錯乱していたのでプライドがあったのかもしれない)

アンシーが作り出していた理想の王子様なんて最初からいなかったのに、ずっと自らが作り出した理想の王子様にとらわれていて暁生がいなくなった後も鳳学園から一人で逃げ出すことは出来ませんでした。

ウテナが学園に来たことにより、ウテナの気高き心(ウテナカー)を使って学園から脱出することが出来ます。

ウテナが鳳学園に来たのはなぜ?

ウテナが鳳学園に来たのは突然居なくなってしまった恋人の冬芽を追いかけるためです。

王子様(冬芽)を失ったウテナは、そのショックから自ら王子様になって冬芽の姿を鳳学園まで来て追いかけます。

冬芽は実はすでに死んでいるのですが、劇場版のウテナは黒薔薇編の御影先輩のように冬芽の幻覚(幽霊)を見ていました。

※死んでしまった時の冬芽の髪の毛の長さからすると結構前に冬芽は事故で死んでしまっている??

アニメ版では幼い頃に助けてくれたディオスを探して学園にいましたが、王子様が居なくなってしまったところが全然違いますね(王子様もディオスではなくて冬芽だし)

ウテナがデュエリストに選ばれたのはなぜ?

黒幕である世界の果てはウテナが学園に来る前から死んでいたので、暁生からウテナがデュエリストに選ばれたとは考えにくいですよね。

ウテナが薔薇の刻印の指輪を入手したシーンでは、死んだはずの冬芽の姿を追いかけていたら薔薇の花の中から指輪が出てきました。

私は冬芽がウテナをデュエリストに選んで自分の想いを託したんじゃないかな?と思っています。

ウテナにとって王子様である自分を探して男装までして鳳学園に編入して来たウテナを冬芽は解放させたかったんじゃないかな・・・?だからウテナをデュエリストに選んだんだと思っています。

※鳳学園の中にいても生きていても死んでいる状態(わら人形)なので、冬芽はウテナを逃したかったのかな?

ウテナが薔薇の花の中からうけとった指輪はもしかしたら冬芽が暁生から受け取っていたものをウテナに渡したのかもしれませんね。

なぜウテナは車になったのか!?

ウテナがなぜ突然車になったのがよく分からないですよね!!

暁生は劇場版では車にはほとんど乗らずに死んでしまいますがアニメでは暁生と言えば暁生カーでした。

王子様・男性としての象徴がウテナの世界では車だったんじゃないかな?と思っています。

なのでウテナは元王子様の暁生のように車に変身してアンシーを助けます。(アニメ版の暁生は暁生カーを乗り回しています)

暁生は劇場版では車に乗ることが出来ませんでしたが気高き心を持ってアンシーを救いたい!!と思っていたウテナは車に変身することが出来ました。

アンシーはウテナに支えられて車を乗り回し暁生の幽霊(?)と鳳学園から脱出しますよーー!!!

鳳学園は王子様の為に作られた世界だった?

少女革命ウテナの鳳学園は全て王子様の為に作られていた世界だったみたいですね。

学園内には沢山の車が置いてあり、アンシー達が外の世界【世界の果て】に脱出しようとする時に一斉に襲ってきます、最後は天空の城までもが車になって襲ってくるんですよね〜・・・

車は男性(王子様)の象徴で王子様の為に作られていた世界【鳳学園】から逃げるお姫様たちを外の世界に出したくない!!と襲ってくるように思えます。

お姫様たち(アンシーとウテナ)は鳳学園が王子様の為に作られた世界であり自分たちは王子様に従い続ける姫様としてではなく自分の意思で生きていける!!ということに気づいたので外の世界に飛び出します。

ウテナ達が無事に外の世界に脱出した後に鳳学園は崩れ去り廃墟になります・・・!!!(根室記念館のように)

生徒たちは全員わら人形に変化しており、全部作り物の世界だったことが分かります。汗

ウテナとアンシーは無事に脱出出来たので無事でしたが、他の生徒達は皆存在していなかったのかな。

生徒会メンバーも若葉カーに乗り脱出していたので無事に外の世界に出られていればもう一度ウテナ達に会うことができそうですね★

王子様のために作られた鳳学園は誰が作ったものなのか?と言われると少女革命ウテナを作成した監督達ですね、メタになっちゃうけど。

ウテナが車になってアンシーがかっこよく運転して鳳学園から脱出するなんて、、監督達は楽しそうにやりたい放題やっています。笑

冬芽と暁生は幽霊として存在している?

冬芽はウテナにしか見えていない幻覚(幽霊)だったのかと思いそうですが、物語の後半まで周りの生徒が冬芽を学園の生徒として認識しているんですよね。

中でも枝織ちゃんは死んだはずの冬芽とやけに親しいです・・・!!!

ウテナが枝織ちゃんと冬芽のイチャイチャを見たら激おこですよね(枝織の妄想だと思いたい。)

枝織ちゃんの婚約者(好きな人)は実は樹璃のことが好きでボートから落ちてしまった樹璃を助けるために流されて死んでしまったんですよね。

ボートに落ちた女の子を助けるために飛び込んで死んでしまった冬芽と立場は全然違いますが水難事故に対する境遇が似ているので仲良くなったのかも?(冬芽は幽霊だけど)

※劇場版では最初から枝織ちゃんが悪女として覚醒していますが、その理由は樹璃のせいで好きな人を失っているからですね・・・(可哀想だけど樹璃先輩のせいでもない)

鳳学園の世界は【王子様が存在するために監督たちによって作られた作り物の世界】なので王子様ポジションである冬芽と暁生は死んでも思念体として特別に存在出来たのかな?と勝手に想像しています。

冬芽が死んでしまった時は髪の毛がセミロングほどでしたが、死んだ状態でも鳳学園で生活していたのか時間が経過し髪の毛がかなり伸びてロングになっています。

鳳学園に存在している生徒たちはわら人形でありそもそも存在していないので最初から死んでいる状態ですよね、そんな鳳学園の中で死亡してしまったとしても最初から存在していないんだからやはり生きている・死んでいるということは関係が無いのかも。

でも冬芽は鳳学園で死んでしまったから外の世界へ脱出出来なかったよね( ;∀;)悲しい。

外の世界【世界の果て】って何?

外の世界ってよく分からないですよね〜・・・

鳳学園が王子様の為に作り出されていた世界でアンシーとウテナはその世界の中のお姫様としての役割を持っていました。

作られた王子様の世界【鳳学園】から脱出することで2人は解放されてようやく自分の意思で生きていけると思っています。

理想の王子様(男)にとらわれず自分の意思で生きていける世界が外の世界なのかな?と思っていますが、劇場版の外の世界は荒廃していて生きていくのが結構大変そうですね!!

でも王子様に守られていないリアルの世界は甘くはないから、アンシーとウテナは2人で助け合って新しい道を切り開いていくんだと思っています。

最後2人はキスをしていたのですが百合エンドっぽい気がしますよね・・・!!!ですがそれも新たな少女革命ウテナの世界で良いと思っています。

ウテナとアンシーの2人が好きな方は劇場版が一番合うかもしれませんね♪

アニメと漫画との違いについて

劇場版の少女革命ウテナはアニメと漫画版とは全然違います!!

本当に同じ作品なの!?とびっくりするほどキャラ設定が異なっているんですよね・・・!!!

人によって同じ少女革命ウテナでも好きな媒体が変化しそうです♪

劇場版とアニメの違いについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にどうぞ★

【少女革命ウテナ】劇場版とアニメの違いまとめ【アドゥレセンス黙示録】こんにちは、あいたぬです! 今回は少女革命ウテナの【劇場版アドゥレセンス黙示録とアニメの違い】についてまとめていきます。 映...

まとめ:王子様がいなくても生きていける!!

こちらの記事にて独特な世界観を放つ【劇場版少女革命ウテナ】の考察をさせて頂きました。

まとめ

・鳳学園は監督達によって作り出された王子様のための世界
・作り出された世界なのでウテナが車になるなど何でもあり
・少女革命ウテナの中の車=男性・王子を象徴している?
・外の世界は作られておらずレールがないため荒廃している
・少女達の理想の王子様からの解放がテーマ
・暁生はハエでした(!?)
・鳳学園の生徒たちは全員存在していない
→存在していない世界で死んでもあまり意味はない?
・脱出に成功出来たウテナ達は元々外の世界の人間だった
→作られた世界ではなく外の世界で自分の意思で生きていく
・百合エンド

劇場版を視聴したけどよく分からなくてポカーンとしたまま終わってしまった・・・という方の補足が出来れば幸いです。

考察ですので人によって解釈が違うと思います、皆さんは劇場版少女革命ウテナはどうでしたか?

外の世界は【世界の果て】と呼ばれ荒廃していますが、操作されている鳳学園の中でわら人形のように生きていくよりは外で自分の意思で生きていきたいですね。

少女革命ウテナの劇場版しか見たことが無い方は是非漫画版とアニメ版もどうぞっ!!

それぞれの良さがありますよ♪

※20年後のウテナの世界を表現した漫画が続編として発売されていますよー!(主役は主に生徒会メンバー)

紙面は中古が多いのでウテナを読むならお得なクーポンを利用して電子書籍でまとめ買いがおすすめです◎

DMMブックスで少女革命ウテナをまとめ買いすると初回なら70%引きになります★

電子書籍を初めて利用する!!という方は7割引になるのでお得なクーポンを利用して読破されてみて下さいね♪

ウテナの漫画を読んだことが無い方は電子書籍で大人買いがおすすめです!

アニメと劇場版を知らない&うろ覚えという方はVODで配信されているので久々にウテナの世界に入り込んでみて下さいね◎

まだ利用したことがないVODを使うと無料お試し期間内であれば無料で少女革命ウテナを視聴することが可能ですよ♪



無料期間内に視聴すれば料金は発生しないので久々に少女革命ウテナを見たい・・・!!!という方は振り返ってみて下さいね★

※大人になってから視聴すると感想が変化するかも?