少女革命ウテナ

【少女革命ウテナ黒薔薇編】闇落ちした人物まとめ考察&解説!

こんにちは、あいたぬです!

今回は少女革命ウテナの【黒薔薇編で闇落ちしてウテナに決闘を挑んできた人物】をまとめていきます◎

どうして意外なあの人が闇落ちしてしまったのか!?よく分からなかった方や黒薔薇編がどんな話だったのか振り返りたい方はこちらの記事を参考にどうぞ♪

※漫画版では残念ながら黒薔薇編は出てきません、アニメのみストーリーがあります。

黒薔薇編とは?

黒薔薇編は生徒会メンバーと一通りウテナが決闘し終わった後に始まる中盤のストーリーになっています。

黒薔薇会【根室記念館で行われている研究】の存在は生徒会メンバーの誰もが知らず、何年も前(何十年も前?)から暁生が計画してきたものになっています。

世界の果てから選ばれたデュエリストしか決闘の参加資格はないはずですが、黒薔薇の力を使えば普通の人でも決闘に参加することが出来ます(!!)

根室記念館と御影先輩について詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ↓

【少女革命ウテナ第22話&23話考察】根室記念館とは何だったの?【黒薔薇編】こんにちは、あいたぬです! 今回はアニメ版少女革命ウテナの中盤から出現してくる黒薔薇会・根室記念館についてまとめていきます。 ...

闇落ちしてしまった人達

根室記念館で自分の中の黒い感情を吐き出し、闇落ちしてしまった人たちをまとめています。

その1:鳳香苗【暁生の婚約者】

香苗さんは暁生に対しては惚れ込んでいますが、、、暁生の妹のアンシーが苦手です。

アンシーがどうしても好きになれず、香苗さんの心には黒い感情がありました。

この感情を吐き出すために根室記念館へ面会に訪れます。

確かにアンシーはちょっと怖いですもんね、スカーフを渡したのにメガネ拭きにされてしまったら私でも引いてしまいます。

香苗さんの気持ちがちょっと分かるかも。

嫌いなら嫌いで割り切ればいいんだけど家族になる人だからと無理をしすぎたんでしょう(;_;)

闇落ち理由

・スカーフを使ったら?と渡したらメガネ拭きにされる
→まるで宇宙人のアンシーが理解できない
・アンシーの笑顔が怖い(心から笑ってない?)
・疫病神のような存在である(理事長の体調がアンシーと出会ってから悪化する)
・好きになろうと努力してもなれない

香苗さんは知らないけど暁生とアンシーの秘密の関係も気に食わないですよね(知ったら発狂して学校に来れなくなりそう)

薔薇の花嫁であるアンシーの存在を消すために黒薔薇の力を借りた香苗さんはウテナに決闘を挑みます。

その2:薫梢【幹の双子の妹】

生徒会メンバーである幹の双子の妹の梢ちゃんも黒薔薇のデュエリストとしてウテナに決闘を挑んできます。

彼氏を頻繁に替える理由は兄の幹を嫉妬させるためでした。

本当はお兄ちゃんが大好き!!なのにそれを表現することが出来ず屈折していますね。(ツンデレです)

闇落ち理由

・自分が傷つけば幹が気にしてくれる
→わざと幹が嫌がりそうな相手と付き合っている
・幹がアンシーのことが好きなことが気に食わない
→自分を気にしてくれなくなってしまう。。。

兄のことが好きだから、幹が好きな姫宮アンシーが憎くてたまりません。

世界の果てからデュエリストに選ばれた幹の心の剣を利用して梢は決闘に挑みます(生徒会メンバーの心の剣ならウテナに勝てるのではないか?と御影先輩は目をつけた)

その3:高槻枝織

樹璃先輩の幼なじみで想い人の枝織ちゃんは自分に自信がなく樹璃に対するコンプレックスを爆発させて闇落ちします。

強い力を持つ樹璃先輩の心の剣を利用するために黒薔薇会に枝織は目をつけられてしまいます。

闇落ち理由

・強くてかっこいい樹璃にずっとコンプレックス
・自分に自信がない
・樹璃を傷つけるために好きでもない男と付き合う
・同情されていると思っていた樹璃から想われていると知り・・・
→困惑と黒い自信(樹璃に勝っている!!)が湧き出てくる

樹璃の気持ちを枝織が知ったのは、部屋の中に黒薔薇会が樹璃の大切なペンダントを置いたからでした。

でも樹璃の心の剣を利用してもウテナには勝つことは出来ませんでした。

枝織については別記事にてさらに詳しく解説しているので、枝織がお好きな方はこちらの記事も参考にどうぞ!

【少女革命ウテナ考察】悪女の高槻枝織を徹底解説【樹璃との関係は?】こんにちは、あいたぬです! 今回は少女革命ウテナの中に出てくる高槻枝織ちゃん(有栖川樹璃の幼なじみ)についてまとめていきます。 ...

その4:石蕗美蔓くん

七実の奴隷のようにこき使われている石蕗(つわぶき)君も、黒薔薇会に利用されて闇落ちしてしまいます。

闇落ち理由

・七実に相手にされず御影先輩に話しかけられて嬉しそうな七実にショック
・子供扱いされるのが嫌
→早く大人になりたいと無理をしてしまう
・七実に相手にされたいから大人になりたいのに・・
→七実からはそのままでいいと言われてしまう

七実は石蕗くんのことを全く相手にしていないわけではないと思いますが・・・小学生なので仕方ないですよね。汗

石蕗くんが幼なじみの女の子と一緒にいると嫉妬しているので、、、七実は石蕗くんのことが好きだと思いますけどね♪(今は一番は冬芽かもしれないけど)

七実の心の剣を利用してウテナに決闘を挑みますが、残念ながらウテナに敗北してしまいます。

その5:篠原若葉

学園を退学になり行き場を失いホームレスになった西園寺先輩を若葉は寮に匿っていました(!!)

ラブレターを捨てられてしまい、学園の掲示板に貼られて傷ついたのに・・・それでも西園寺のことが忘れられず同棲状態でいられるのが本当に嬉しかったみたいですね(若葉ちゃんいい子!!)

闇落ち理由

・西園寺先輩にずっと憧れていた
→ラブレターを捨てられても憧れは捨てられず
・西園寺と同棲生活をしても彼の中にアンシーがいる
→姫宮アンシーが憎い!!

若葉ちゃんは西園寺の為に住む場所を用意してお昼代まで出してあげるので・・・将来ヒモを養成しそうでちょっと心配かも。

西園寺は若葉に恩を返すためにハンドメイドでリーフのヘアピンを作成しますが、、、

御影先輩の企みによってリーフのヘアピンがアンシーの手元に渡ってしまいます(リーフのヘアピンと西園寺の復学が交換条件だった)

一緒に暮らしていても西園寺先輩の中にはアンシーがいることがショックで根室記念館に面会に行ってしまいます。

西園寺の心の剣を使って、若葉ちゃんは薔薇の花嫁であるアンシーを倒そうとしますがウテナに敗れてしまいます。

ウテナはまさか友達から決闘を挑まれるなんて思いもよらずショックでしたよね・・・(友達に剣を向けることは出来ない!!とディオスの剣を使わず素手で若葉を倒します)

その6:苑田茎子

七実の取り巻き3人組のうちの1人、茎子は冬芽のことが好きです。

七実を慕っていた気持ちもあったと思いますが(多分)、憧れの冬芽に近づけるかもしれないという気持ちもありました。

あの七実の取り巻きとして命令を聞くのはしんどそうですよねー・・・

冬芽を励ますパーティーの際に生徒会の仕事を七実から押し付けられて茎子だけはパーティー出席出来ず、七実に対して不満を募らせていきます。

そんな中で雨の日に傘を持たずに濡れながら歩いていた冬芽に勇気を出して声をかけてしまいます。

相合い傘をしている場面を七実に見られてしまい、茎子が冬芽が好きなことを知った七実は茎子を徹底的にいじめます。

※相合い傘をしただけなのに七実は心が狭いって思っちゃいますよねー。汗

排除の仕方も超怖いです。(所属クラブ・文化サークル等から全て除名し居場所を奪われる)

常に一緒にいてくれた友人(下僕?)に対して行う行動じゃないですよね七実・・・

闇落ち理由

・冬芽に憧れていた(世界が違う人)
・七実のそばにいれば冬芽に近づける
→七実を慕ってたわけではない。
・冬芽と相合い傘をしただけで友人達から無視
→サークル等の居場所も全て奪われてしまう

徹底的に排除されてしまったことで追い詰められた茎子は根室記念館へ面会に行きます。

黒薔薇のデュエリストになった茎子は冬芽の心の剣を利用してウテナに決闘を申し込んできますがウテナに敗れてしまいます。

七実から徹底的にいじめられ排除されたのに取り巻きとして決闘後も七実の側にいれるのが凄いですよね。汗

私は冬芽様と一緒にいられる身分ではないと周りに言うことで悲しいけど七実の取り巻きとして冬芽を遠くから見ることが出来ます。。(普通の恋をしているだけなのにハードモード過ぎる)

モブキャラがまさか決闘に参戦してくると思わなかったのでちょっとびっくりです(!!)

なぜ力を発揮出来たのか?

世界の果てからデュエリストに選ばれていないのになぜ普通の人達が黒薔薇の力を発揮出来たのか気になりますよね・・・!!!

普通の人でも負の感情が大きい人達【アンシーに消えてほしいと願っている人・生徒会メンバーの心の剣を使える関係者】で御影先輩から選ばれた人なら黒薔薇の力を使用できたみたいです。

若葉ちゃんや暁生の婚約者のような普通の女性がウテナとの決闘に挑めるわけがないので、犠牲となった100人のデュエリストの力(黒薔薇)を借りていますね。

途中から御影先輩は計画を変更し100人のデュエリストの力だけでなく生徒会メンバーの心の剣も利用するようになります。

生徒会メンバーの心の剣を利用して決闘を挑んでくる人達(香苗さん以外)は、決闘時の動きがまるで生徒会メンバーのようになっていますよね・・・!?

根室記念館(黒薔薇会)は生徒たちからは困ったことがあったときに相談にのってもらえる場所として認識されていたようです。

若葉の幼なじみの玉ねぎ王子(風見達也)は若葉に振られてしまい根室記念館に面会に来ますが、黒薔薇の力を上手く発揮できないと判断されたのかお断りされています(!!)

※生徒会メンバーの心の剣を使うことが出来ないから玉ねぎ王子は無事に根室記念館から帰されたのかな?

永遠を手に入れる実験をしていた根室記念館は黒薔薇の力を発揮するために存在していました。

根室教授本人が早々にウテナに決闘を挑まないといけない状況だったのは100人分のデュエリストがいても実験を繰り返しすぎて黒薔薇の力が足りなくなってしまったからと予想出来ます。

100人のデュエリストと生徒会メンバーの心の剣を使ってもウテナを倒せないのでもう他に方法が無かったんでしょうね・・・

赤い人影のシルエットは何なのか?

黒薔薇編では決闘時になぜか机の下に無数の赤い人間のシルエットが描かれています。

これは一体何なのか・・・?ですが犠牲になった100人の少年達のことを表現しているんじゃないかな?と思います。

黒薔薇の力を借りた若葉たちはウテナに倒されてしまうと赤いシルエットに重なって倒れてしまいますが、倒れた先は黒薔薇の力のエネルギーの元になっている少年に重なっているんじゃないかと推測です。

赤いシルエットに重なった後に、根室記念館の地下室では使えなくなった死体が燃やされています。。。

アンシーが怖すぎる

黒薔薇のデュエリストの一部の人達(香苗さん・梢ちゃん・若葉)は姫宮アンシーに消えてほしいと願っているんですよね。

それなのに馬宮君になりすましたアンシーは普通の女の子達が自分をさらに憎むように仕向けています。

ウテナが敗れたら自分の身がどうなるのか分からないのに世界の果ての命令で女の子達を黒薔薇のデュエリストに仕立て上げているんですよね・・・!!!

ちょっと怖いです。汗

アンシーは被害者でもあるのですが、加害者でもあるんですよねぇ。。。

まとめ

今回は黒薔薇編で闇落ちしてしまった人達についてまとめさせて頂きました!

まとめ

・黒薔薇のデュエリストは100人の少年達の力を利用している
・アンシーを憎んでいる子達が多い
→自分をさらに憎ませる為に動く馬宮(アンシー)が怖い
・途中から生徒会メンバーの心の剣も利用するがウテナに勝てない
・ウテナに敗北した人達は決闘の記憶を失う
・赤いシルエットは犠牲になった少年達を表現している?

石蕗くん以外は皆普通の女の子達でしたね、アンシーを憎んでいる子達が多いです。汗

黒薔薇編が終わった後は皆根室記念館と御影先輩の記憶が無くなり、存在自体が無かったことになりますが、、、、生徒会メンバーもウテナもさらにパワーアップして心の剣を使うようになります。

皆が心の剣を使えるように暁生が黒薔薇会を作り画策していたのかな・・・??それにしてもそれだけのために100人を犠牲にするなんて本当に酷い。

こちらの記事が参考になれば幸いです★

漫画しか読んだことが無い方はアニメの方を、アニメしか視聴したことが無い方は是非漫画の方も読んでみて下さいね◎

※20年後のウテナの世界を表現した漫画が続編として発売されていますよー!(主役は主に生徒会メンバー)

紙面は中古が多いのでウテナを読むならお得なクーポンを利用して電子書籍でまとめ買いがおすすめです◎

DMMブックスで少女革命ウテナをまとめ買いすると初回なら70%引きになります★

電子書籍を初めて利用する!!という方は7割引になるのでお得なクーポンを利用して読破されてみて下さいね♪

ウテナの漫画を読んだことが無い方は電子書籍で大人買いがおすすめです!

アニメの方を知らない&うろ覚えという方はVODで配信されているので久々にウテナの世界に入り込んでみて下さいね◎

まだ利用したことがないVODを使うと無料お試し期間内であれば無料で少女革命ウテナを視聴することが可能ですよ♪



無料期間内に視聴すれば料金は発生しないので久々に少女革命ウテナを見たい・・・!!!という方は振り返ってみて下さいね★

※大人になってから視聴すると感想が変化するかも?